「コーディガン」って何? プチ解説&人気デザインをご紹介します!

ここ最近ファッション誌などで見かけるようになった「コーディガン」。若い世代からあまり知られていないアイテムですが、今シーズンは人気がじわじわ上昇中! 一体どんな服なのでしょうか?

「コーディガン」ってどんなアイテムのこと?

そもそもコーディガンとは、「コート」と「カーディガン」を合わせた造語。コートのように裏地がなく、カーディガンのように気軽に羽織れるアウターを指します。

2015年頃に人気になったコーディガンですが、その後ブームは下火に。しかし2021ー2022冬はカーディガンに加えて、ゆるっとしたアウターがトレンドになった影響もあり、再び注目を集めています。

ノーカラー・ノーボタンのカーディガン風デザインが人気

コーディガンで多いのが、ノーカラー・ノーボタンのデザイン。ゆったりとしたラフな作りにカーディガン風のルックスが加わることで、冬のコーディネートが軽やかな雰囲気に。カーディガンよりもキレイめ感があるので、サッと羽織るだけでお出かけスタイルが完成します。

襟付きコーディガンなら、きちんと感がアップ

襟つきのデザインで取り入れると、ゆるっとしたコーディガンがきちんと見えに。「カジュアルでも大人っぽく着こなしたい」という方におすすめのアイテムです。

コートほどカッチリしていないので、リラクシーな雰囲気なのも魅力。肩が凝らず、快適に過ごせそうですね。

 

ちなみにコーディガンは、ちょっとそこまでのお出かけにもピッタリ。ニットキャップやマフラーをプラスすれば、防寒性が高まり、寒い日のコーディネートに使えます。きちんと感があるので、ダラしなく見えないオフモードスタイルが楽しめますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。