春カラーでオシャレしよ♪ 見ているだけで楽しい春色コーデカタログ

まだまだ寒い日が続きますが、ファッションは春っぽいものが気になってくる時期。そろそろ気分転換したくなってきますよね。

そこでこの記事では、今の時期に見ているだけで楽しい春色コーデをたっぷりお届け♪ ファッショニスタの着こなしから、ワクワクする春色コーデを厳選してご紹介します。注目のカラートピックについても最後にご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

【1】Pink|ピンクの春色コーデ

まずは、コーデに取り入れるだけで一気に春っぽくなるピンクから。

こちらは、ピンクシャツ×ピンクパンツで全身華やかに仕上げたスタイリングです。甘さが際立つ色を、メンズライクなパンツスタイルでまとめたバランスが秀逸! 小物でホワイトを差し込めば、よりコーデがパッと明るくなります。

 

続いては、ピンクパンツで足元から春らしさを演出したコーデ。バッグで温かみのあるファーを取り入れたことで、春と冬のハイブリットコーデに仕上がっています。まさに季節の変わり目にピッタリなバランスですよね。ニットとパンプスはベージュでまとめると、上品なカラーコーディネートが完成!

【2】Yellow|イエローの春色コーデ

次は、見ているだけで元気になれそうなイエローコーデをチェックしていきましょう。

モノトーンコーデにフレッシュなイエローのカーディガンを羽織ったスタイリングは、シンプルだけどとっても明るい印象に。彩度と明度の高いイエローのおかげで顔映えも華やかです。上から冬コートを羽織っても、イエローの存在感がコーデをクラスアップしてくれそう!

 

冬コーデにイエローをプラスするなら、スナップのように小物で少量投入するのも◎。キャッチーなイエローのバッグを生かし、遊び心あふれるスタイリングに。とはいえ、その他のアイテムをモノトーンでシックにまとめているから子どもっぽくなりません。

【3】Green|グリーンの春色コーデ

「春もやっぱりグリーンが着たい!」そう思っている方も多いはず。とっても流行っている色だからこそ、春は自分に似合うグリーンをさらに吟味してみては?

例えば、ミントグリーンはふんわり優しげな印象がおしゃれなカラー。ホワイト合わせなら爽やかさも演出できますよ。ほんのり甘さも漂うので、可愛い雰囲気を作りたい日にだって使えます。

キウイみたいな黄みグリーンなら、まわりと差のつくグリーンコーデが楽しめます。スナップでは、全身黄みグリーンでまとめてワントーンコーデに。柄モノを取り入れればワントーンでも間延びしません。カーキに白を混ぜたようなくすみ感のある色だから、意外と着こなしやすいんです。

明るくフレッシュなグリーンも春っぽい印象をメイクしてくれます。まだ寒い日は、ブラックで引き締めればしっかり冬っぽさも演出可能。暖かくなってきたらホワイトやベージュ、またはパステルカラー合わせで明るい印象に仕上げるのがおすすめです。

【4】Blue|ブルーの春色コーデ

クール派の方におすすめしたい春色コーデは、ブルーを使ったスタイリング。

こちらは抜けるようなブルーのニットを主役にして、春っぽさをほんのり感じさせる装いに。ホワイト合わせなら明るくライトに見えるので、季節の変わり目にピッタリです。

ほのかに色味を感じるライトブルーも春に着たくなるカラー。スナップでは、あえて明るいグレーを合わせて全身淡い色合いにまとめています。あったかそうに見える冬ニットでも、締め色を使わないコーデにすると、明るく軽やかに着こなせますよ。

【番外編】2022年のパントン・カラー・オブ・ザ・イヤーは「Very Peri(ベリーペリ)」!

最後に、2022年のパントン・カラー・オブ・ザ・イヤーについてご紹介。パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーは、その年のテーマカラーを毎年パントン社がピックアップする、というものです。

2022年のカラーは、ずばり「Very Peri(ベリーペリ)」!

Very Peri(ベリーペリ)は紫がかった明るめのブルー。とってもおしゃれな色合いです。毎年注目されるトピックなので、2022年はVery Peri(ベリーペリ)を覚えておくと洋服を買うときに役に立つかも!

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。