卒園・卒業式、母親はどんな服装で出席すればいい? マナーを押さえたオケージョンコーデ集

もうすぐ卒園式・卒業式のシーズン。そろそろママのお洋服を決めておきたい時期ですね。オケージョンの装いは普段のよそ行きコーデとは違い、式典のマナーを知っておくことが大切。

式当日に会場で浮いてしまわないためには、どんな服装で参加すればいいのでしょうか?

子どもの卒園式・卒業式、どんな服装がいいの?

卒園式・卒業式は子どもたちの大切な節目。まずはマナーから押さえておきましょう。入学式より格式が高いため、「お別れ」の意味を含んだブラックフォーマルが基本です。

黒以外の色ではネイビーや濃いグレーなど、ダークカラーが一般的。上品なネックレスやブローチ・ピアスなどアクセサリーで華やかさを足すと、マナーを外すことなくおしゃれに決まりますよ♪

ちなみに喪服で参加するのは避けた方がベター。喪服はツヤのない生地が使われている上に、独特の漆黒色が特徴。アクセサリーや小物でアレンジしても、一見しただけですぐに喪服バレしてしまいます。

肩が凝らない「セットアップ」服

ここからは卒園式・卒業式にぴったりなママの服装をご紹介。このところ人気があるのは、トップスがブラウスやプルオーバーの「セットアップ」服。フレア・リボン・プリーツなどデザインが加わったトップスを選ぶことで、マナーを押さえつつ女性らしさが演出できます。

ジャケットを着ないセットアップは、肩が凝らず着心地が快適なのも魅力。まだ寒い卒園式・卒業式シーズンに、ロングコートが羽織りやすいのも嬉しいポイントです。

フォーマル感があれば「ワンピース」もOK!

フォーマル感のあるデザインであれば「ワンピース」も着用可能です。ひざ下丈を選ぶことできちんと見えする装いに。

またメインになる「きれいめの小さめバッグ」とは別に、「大きめサブバッグ」を持参すると便利。会場で使用するスリッパのほか配布物がすっぽり収まるので、式当日に役立ちます。

王道スーツはブラウスで華やかさを演出

コーデを失敗したくない!というママさんには、王道の「スーツ」がおすすめ。ポイントは光沢がある生地を選ぶこと。

さらにインナーは、襟元にタックやギャザーなど装飾性のあるブラウスをチョイスすると華やかさがアップ。スーツのリクルート感を解消してきれいめに決まります♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。