服装に迷う5月6月こそ「黒スキニー」! ラクしてきれいめ大人のスキニーパンツコーデ集

5月6月は気温変化が激しい時期。肌寒いときがあるかと思えば、熱中症になりそうな高温日もあり、服装選びが面倒ですよね。

季節の変わり目は、定番感のある「黒のスキニーパンツ」に頼るのが吉。あとはトップスを決めるだけなので、何を着ればいいの?というストレスがなくなり、朝がラクになりますよ。

今回は、5月6月の「黒スキニーパンツ×きれいめコーデ」をご紹介します。

黒スキニー×ペプラムブラウス

黒のスキニーパンツをきれいめに着こなすときに、まずおすすめしたいのが「ペプラムブラウス」。5月6月の気候には七分袖がぴったりです。

ウエストから広がるフレアがIラインの黒スキニーに映えて、コーデにメリハリを演出。腰の位置が上がって見えるので、スタイルアップ効果も期待できそうです。

黒スキニー×ミニワンピース

黒のスキニーパンツは可愛い「ミニワンピース」にもお役立ち。丈の短いワンピースが着こなしやすくなることに加え、ワンピース×黒スキニーのレイヤードがおしゃれを強調。厚手生地のスキニーパンツは肉感を拾わないので、レギンスよりもすっきりしたコーデに決まりますよ♪

黒スキニー×フェミニンな黒トップス

黒のスキニーパンツはオールブラックコーデに活用してみるのもおすすめ。フェミニンなブラウスを合わせれば華やかさが加わり、黒コーデ独特の重さを解消。さらにキレイ色のバッグとパンプスをプラスすると、大人っぽいよそ行き感が高まります。

黒スキニー×ロングジレ

黒スキニーをモードに決めるなら、ロングジレが効果的。スタイリッシュな雰囲気のおかげでコーデの鮮度が高まり、いつもの黒スキニーなのに洗練見えします。

インナーの袖丈をその日の気温に合わせれば、快適に過ごせるのもメリット♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。