「こなれ感」ってどう出すの? 手持ちアイテムだけで叶える4つのテクニック

「こなれ感」ってよく聞くけれど、どうすればいいのかわからない……。そんな方のために、オシャレ見えするこなれ感の解説と、簡単にマネできるテクニックをご紹介します。同じアイテムだって少し工夫するだけで印象が変わりますよ♪

【こなれ感テクニック:1】「手首」を出して、さりげない抜け感を作る!

まず最初に”抜け”についてご紹介。実は「こなれ感=抜け感」と言っても過言ではないくらい、着こなしに抜けを作るのは重要なポイントなんです。

簡単なのがトップスの袖をまくり手首を見せる方法。スナップのように袖口を軽く上げるだけでも良し、ロールアップしても良しです。その日の気分や天候に合わせて使い分けてみてくださいね。

【こなれ感を出す方法:2】「インナー見せ」でヘルシーな色気をプラス!

前開きのシャツを着る日は、ボタンを留めずにインナーを見せるテクニックがおすすめです。ほのかに漂う色気とラフさがこなれ感を漂わせます。インナーが肌着に見えないよう、厚手のタイプを選ぶのがポイント!

【こなれ感を出す方法:3】「裾を片方だけイン」でおしゃれ感をアップさせる!

トップスのフロント裾は全部入れずに、あえて片方だけイン。簡単なテクニックなのに、これだけで新鮮な装いにチェンジできますよ。さらにこなれ感を出すコツが「ちょっと着崩すこと」!

特に、きれいめなパンツをこなれたムードで着こなしたいときにおすすめです。片方だけ裾を出すことでちょうどよく着崩せます。

【こなれ感を出す方法:4】「ビスチェ」で旬スタイルにアップデートする!

こなれ感を出したいときは旬を意識するのも大切です。今なら「ビスチェ」を重ねることで旬スタイルにアップデートできちゃいます。

レイヤードの服は悩まなくてOK! いつものシンプルコーデにプラスするだけで、トレンド感のあるコーデが完成しますよ。

「こなれ感」と聞くと難しく考えてしまうかもしれませんね。ポイントは「抜け」と「トレンド」の2点。少し着崩してみる、旬アイテムをプラスする、これだけでこなれ感が出せるので実践してみてくださいね。


#CBK magazineの人気記事>>
The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。